既婚方友人が出会い系サイトで不貞するに関してについて

物珍しい内容のPCMAX評価を見つけました。43年の既婚人間の男性が書いているんですが、出会い系サイトで既婚人間個々が出会うについてについて、強く本心が示されていました。<PCMAX評価(43年・神奈川県内紳士)>今まで沢山の奥様(人妻ばっかなわけですが)に出会ってきました。ただ出会い系サイトで知り合うそれぞれというのは、特別な状況を除いて、随分長く付き合うは難しいですよね。何とか相性が良くて、お互いに愛し合っていても、その関係上、長く付き合うのは辛くて、急遽終わりがくるという事もあるわけです。そんなカップルには随分「拠り所」を築く事が出来ずに、基本的には「たより」を元につながる事になるというんです。これは私の間違ったレビューかもしれませんが、「拠り所」は過去の収穫によって形成されるもので、「たより」は実態からこれからの先行きに信ずるに値するについて、ものの気がします。自身は既婚です。そして今まで会った女性もほとんどが既婚人間(人妻)であったので、何時終わってもおかしくない関係の上で成り立つためには「たより」が必ずやヒントでした。でもそこにはむりが発生しているわけです。ある程度の心のお付き合いが成立するためには「たより」が必要ですが、いまや存在している先方を裏切っている既婚人間同士の間に、例え別の仲間だとしてもそれを承知の上で「たより」が成立するのか、というむり。いつまで経っても裏切られる事を覚悟しておかなければならないのか。そして本当に実に裏切られた時折、それは当然の事として受け入れなければいけないのか。これまでに出会った人妻様も、ほとんどが好きでアバンチュールや不貞を望んでいるようなことはなかったように思えます。それは私も同じなんですが。人そのはたらきにリスクを抱えていたように思いますね。でもそういった繋がりを築いてきた仲間が、自身に各種クエスチョンを問いかけたり箴言を提示してくれたり、自分の意識を露わにしてくれる鏡になってくれたりしています。そしてルールは自分の大切な意識の収益となりました。どんなにむりしていようが、これからもまた素敵な女性に出会いたいと思ってしまいます。いくらそれがアバンチュールだと言われようが、それぞれとの新規鉢合わせは宿命の収益ですから。

Sorry, comments are closed for now.