人と無関係な快楽を追求

不幸せな状況に陥っている人は、精神科医、臨床心理士、カウンセラーが通常提供しようとする人間関係を彼らもまた求めていると考えてしまいがちです。しかし、不幸な人々は、人間関係をあきらめ、人と無関係な快楽を追求しているのだから、この考えはまちがっているのですね。彼らは自分が人間関係を求めているかのように話すが、それは話だけのことです。自ら努力することはないので、依然として幸せを求めている場合に比べ、彼らに対する援助は困難となる。好き嫌いにかかわらず、幸せを追い求めている人に、このような人を引き合わせる必要がある。カウンセラーや教師がこうした役割を担うことになるが、専門家以外でも、選択理論を知っていて人間関係の技術を持っている人(例えば、成功者で引退生活を送っている人)が考慮の対象となる。アルコール依存症の人を対象にした向助グループは彼らが必死に求めている人間関係を提供しており、かなり成幼しているだろう。明白な特徴は、この団体は外的コントロールよりも選択理論を使った対応をしていることでしょうね。まさに選択理論というのは閉じた心を愛情と寛容で満たすということなのです。人間関係をあきらめてしまっている人をこれ以上増やすことなく、多くの人が素敵な出会いに積極的に乗り出すことのできる社会になるために地道な努力が必要になってくるでしょう。人生の醍醐味はやっぱり色んな人との出会いじゃないでしょうかね。

Leave a Reply









Please note: Comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.