多くの人々が幸せと感じる社会

多くの人々が幸せと感じる社会をつくれないのなら、破壊的で自滅的な選択を減少させることはできない。最近、麻薬問題関係者がラジオで、ヘロインとコカイン依存の人がかなり増えていると話していた。これにアルコール依存症を加えると、その数字は飽くほどのものになる。こうした不幸な人々のほとんどすべてが、良い人間関係をあきらめ、他人を必要としない快楽を求めている。彼らは、手早く強力な快楽を麻薬のなかに容易に見つける。その快楽はただ血液中に麻薬を入れるだけで簡単に得られるからです。麻薬さえあれば、他の人聞は必要ではないのだ。私が話している不幸な人々には、貧困でもマイノリティでもない人々がいる。彼らは、必ずしも麻薬、暴力、愛のないセックスとは関わらない。多くは、自立した責任ある人々で、他人に危害を加えることもない。しかし、彼らは行動選択の仕方に問題があり、幸福な人々と満足する関係を維持できず不幸になっている。人間関係の中に幸福を見つけることとそれから離れて快楽を求めることとの間にどんな関係があるかを理解しないと、快楽を追求する不幸な人々を援助することが困難なことを理解できないんですよね。

Leave a Reply









Please note: Comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.