最も達成しにくいもの

幸せについて考えるということは、あらゆる試みのなかで、一見つつましい目標に思えるが、最も達成しにくいものでありますよね。幸せでいるためには、他の幸せな人々と親しい関係になる必要がある。したがって、幸せな人々が少なければ、私たちが幸せになる可能性も低くなる。この世は、幸せな人と親しくなれない、孤独で、欲求不満で、怒りっぽく、不幸な人々で満ちている。彼らの主たる社会技術は、文句を言うこと、責めること、他人を批判することであって、それは誰ともうまくやっていけない方法ですよね。不幸は人を二つの方向に導くということです。最初の不幸なグループは幸せを手にする方法を見つけようとする。これは幸福な人との快適な関係である。第二の不幸なグループは、幸せな人と関わって幸福になれることをあきらめている。快適な人間関係を持つことにすらトライしない。しかし、私たちがそうであるように、良い気分を得ようとすることはあきらめていない。人間関係とは無縁に、快楽を得ようと試み続ける。そして飽食、アルコール、麻薬、暴力的で愛のないセックスに快楽の多くを見いだしているのですね。

Leave a Reply









Please note: Comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.