教師や友だちとうまくやっている生徒

クリントン大統領は、一九九七年の演説で教育問題に十分な時間をさいた。良い提案もしたし、必要ならさらに連邦政府のお金が投じられることをほのめかした。もし誰も論破できない人間についての真理があるとすれば、どんな分野での成功も、直接関わっている人々がどの程度仲良くやっているかに関係しているということでしょう。この真理は結婚や家庭ではおのずから明白なことであるが、学校でも職場でも同僚にもあてはまる。教師や友だちとうまくやっている生徒は、ほとんどいつでも成功している。しかし、全体を見ると半分以下の生徒しかうまくやっていない。都市であれ郊外であれ、貧困層が住む地域の学校では、この割合はかなり低くなってしまう。このような不幸な学校では、ほとんどの努力が無駄になっている。それどころか、生徒が学校で必要としている人間関係にとって有害な生徒指導のプログラムを購入するために費やされているお金もある。教師も生徒も幸せな、そういう学校を経営する国民的な努力を必要としている。しかし、私たちは学校を超えて、夫、妻、家族、従業員が現在よりも幸せな社会をつくらなければならないですよね。

Leave a Reply









Please note: Comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.