人間関係を育むよりも、破壊するような世界

親しい関係が失われると、子供たちのなかには人間関係をあきらめ、やがて快楽を求めて一生刹那的な生活に突き進む者もいる。必要な良い人間関係を維持するために、私たちは強制、無理強いをやめ、さらに、罰、報奨、あやつる、いばる、動機づける、批判する、責める、文句を言う、ガミガミ言う、うるさく言う、叱りつける、比較する、そして引きこもることをやめる選択をしなければならない。このような破壊的な行動ではなく、むしろ思いやりを示し、傾聴し、支持し、交渉し、励まし、愛し、友だちになり、信頼し、受容し、歓迎し、尊敬しなければならない。このような言葉が、外的コントロール心理学と選択理論の違いを示しているのですね。辞書で上記の言葉を調べてみると、選択理論の用語よりも外的コントロールの用語が多いんですよね。言語は文化の銑であるので、私たちは人間関係を育むよりも、破壊するような世界に生きていることを示す立派な証拠を見た思いがするのです。人間関係の改善は十分成功していないという事実があります。にもかかわらず、国はこのような不幸に目を向け、問題解決のためにお金を使っている。教育という一領域でさえ、多額のお金が学校の成功のために使われ続けているが、成功をどう定義したとしても何の改普も見られていないのです。

Leave a Reply









Please note: Comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.