関わる人の不幸も減少させることができる

外的コントロールを基盤とした世の中であっても、コントロールをやめる選択ができれば、不幸を増大させることなく、あなたの関わる人の不幸も減少させることができるのですね。たとえ他人があなたをコントロールしようとしても、あなたが必要としているのと同じように他の人もあなたを必要としていることが分かれば、復讐をやめることができる。そして物事は改善して、やめること以上のことができる。強制や復讐ではなく、交渉をすることができる。これ以上罰を与えるのをやめる理由を子供に話すことだ。しかし、新しい生き方つまり、子供との関係が勉強よりももっと大切だということ、このように何か新しいことをしたいと思っていると話すことだ。子供は報酬が勉強をしてほしいと思っていることは知っている。あなたは自分の望むことは明白に伝えた。強制は、非生産的である。二人の関係が親密になれれば、子供が勉強をする可能性は高い。また子供にしてほしいと思っている他のことも子供がする可能性は、敵対関係を続けるよりはるかに高いでしょう。強制が長期間続くと、修復不可能になる地点があることを忘れてはならないですね。制密な関係になることはまず無理となりますから。

Leave a Reply









Please note: Comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.