罰は効果がない

実際に何がまちがっているのはっきりしていることは、していることが2人の関係を破たんしている理由が本人は分からないということである。十代の子供たちと関わる多くの親や教師が長期的に経験している中のなかに、ほんの少しシナリオを変えただけで同じようなことが多く観察できる。結婚もまた、満足な仕事と同様、長期的な不幸を育む肥沃な地である。しかし、この現在の苦痛はコントロールできるものです。愛する者の死や、落ち度もないのに良い仕事を失って陥るひどい絶望という悲劇的な事件があります。こうした出来事はコントロールできなくても、人間関係はコントロールできる。あなたは十代の子供と良い関係になりたいと思っている。そして、子供を罰することをやめ、子供の反抗が起こらないように対処する方法を学ぶ選択ができるからだ。子供の場合、正しかろうとまちがっていようと、罰は効果がない。外出禁止にする前は、少しは勉強をしていた。今は全くしない選択をしている。以前は、少なくとも話ができた。今は話ができない。かつては良い関係だったのに、今は敵対関係になっている。あなたは外的コントロール心理学の信条に従う選択をした。自分がしてほしいと思うことを子供に強制できるし、強制すべきだと考えたのだ。これが不仲の原因ですね。

Leave a Reply









Please note: Comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.