若い男性の特徴と嗜好

男の脳は閉じた脳であり、女の脳は聞いた脳であるというような比喩表現が使われることがよくあります。それはいったいどういう意味なのでしょう。閉じた脳というのは、自分だけの閉じた世界をつきつめたい男の脳ですよね。閉じた脳は外から干渉されるのが好きではないのです。他人とコミュニケーションをとることを基本的に面倒に感じてしますのですよね。そしていつも他人の輪の中にいるよりも、どちらかといえばひとりでいることのほうを望むわけです。この閉じた脳は、自分だけの小字宙を持っているということなのかもしれません。そこは他人からは全く分からない自分だけが理解できる居心地のよい世界であり、自分らしさの原点と自分では感じている場所です。その世界を深く追求していくことがたいへん大きな快感に結びつくわけですね。他の人間にその世界を否定されたり侵害されたりするのを怖れていることも多いのです。外からストレスなどの強い圧力がかかると、自分だけの居心地のいい世界に逃げようとするわけですね。極端な場合になると、外界を遮断して自分の世界にひきこもってしまうことさえあるわけです。特に最近の若い男性に特徴的に見られることかもしれません。そしてそういう男性が女性の中でも熟女と出会いたいという傾向があったりするようです。それは相手に癒しを与えるということではなく、癒しを与えてもらいたいという意識の表れですよね。自分から人間関係を構築していくスキルが弱い男性がこのような傾向にあるようですよ。