出会える優良出会い系サイトは圧倒的に数が少ない

いくつかの優良出会い系サイトを使っていると、女性に潮吹きをさせたいという男性は本当に多いですよね。潮吹きの潮は尿だと思っている人も多いようですが、尿のようにアンモニア臭くもないし、さらさらした感触があるので、尿ではないともいわれているようですね。それが尿ではないとしても、そうした大量の液体を蓄えておく場所は膀胱以外にはないんですよね。そんなことから潮吹きという現象も疑問視されていたようなんです。そこで注目されるようになったのがスキーン腺と呼ばれる組織なんです。スキーン腺は女性の尿道を取り囲むようにしてあって、男性の前立腺にあたるものだと考えられているのです。男性では前立腺から精液の主要な成分が分泌されるのですね。そのために女性でもこのスキーン腺から尿道へ液体が分泌され、それが尿道口から噴出するのではないかも言われているようです。実際に女性が噴出した液体の成分を調べてみると、男性の前立腺からだされるものと非常に似ていることがわかってきたようですよ。Gスポットを刺激されると湖を吹くというのも、それが男性の前立腺にあたるものから分泌されたものであるなら納得がいきますね。AVの影響で女性に潮を吹かせたいという願望を持った男性は多いわけですが、すべての女性が潮を吹くわけではないので注意が必要ですね。AVで得た知識を優良出会い系サイトを使って女性に出会い、そして試したいという男性は本当に多いですよね。ただ優良出会い系サイトと出会えないサイトは厳然と存在するのでその違いをしっかりと見極めることが大切になります。出会える優良出会い系サイトというのは圧倒的に数が少ないですから。

人と無関係な快楽を追求

不幸せな状況に陥っている人は、精神科医、臨床心理士、カウンセラーが通常提供しようとする人間関係を彼らもまた求めていると考えてしまいがちです。しかし、不幸な人々は、人間関係をあきらめ、人と無関係な快楽を追求しているのだから、この考えはまちがっているのですね。彼らは自分が人間関係を求めているかのように話すが、それは話だけのことです。自ら努力することはないので、依然として幸せを求めている場合に比べ、彼らに対する援助は困難となる。好き嫌いにかかわらず、幸せを追い求めている人に、このような人を引き合わせる必要がある。カウンセラーや教師がこうした役割を担うことになるが、専門家以外でも、選択理論を知っていて人間関係の技術を持っている人(例えば、成功者で引退生活を送っている人)が考慮の対象となる。アルコール依存症の人を対象にした向助グループは彼らが必死に求めている人間関係を提供しており、かなり成幼しているだろう。明白な特徴は、この団体は外的コントロールよりも選択理論を使った対応をしていることでしょうね。まさに選択理論というのは閉じた心を愛情と寛容で満たすということなのです。人間関係をあきらめてしまっている人をこれ以上増やすことなく、多くの人が素敵な出会いに積極的に乗り出すことのできる社会になるために地道な努力が必要になってくるでしょう。人生の醍醐味はやっぱり色んな人との出会いじゃないでしょうかね。

多くの人々が幸せと感じる社会

多くの人々が幸せと感じる社会をつくれないのなら、破壊的で自滅的な選択を減少させることはできない。最近、麻薬問題関係者がラジオで、ヘロインとコカイン依存の人がかなり増えていると話していた。これにアルコール依存症を加えると、その数字は飽くほどのものになる。こうした不幸な人々のほとんどすべてが、良い人間関係をあきらめ、他人を必要としない快楽を求めている。彼らは、手早く強力な快楽を麻薬のなかに容易に見つける。その快楽はただ血液中に麻薬を入れるだけで簡単に得られるからです。麻薬さえあれば、他の人聞は必要ではないのだ。私が話している不幸な人々には、貧困でもマイノリティでもない人々がいる。彼らは、必ずしも麻薬、暴力、愛のないセックスとは関わらない。
Read the rest of this entry »