口コミなどでの評判も悪くないサイトを選ぶ

婚活を繰り返していると、出会い系サイトでの婚活に参加したり、考えることに疲れてしまう方がいます。中でも、出会い系サイトでの婚活を長期間行っている方に、こうした疲労感に悩まれる方が多く居ます。相手が決まらない焦りや苛立ち、義務感で出会い系サイトでの婚活に参加している状態が疲れの要因になっている事があります。
Read the rest of this entry »

出会い系サイトでの婚活難民

日常の中で出会いの望みが少なく、真面目に結婚相手を探している人は、出会い系サイトでの婚活が必要です。ある程度の年齢になってから出会い系サイトでの婚活をすればいい、なんて考えている内にすぐに適齢期が終わってしまいます。一口に出会い系サイトでの婚活と言ってもやり方は様々ですので、悩んだり悩むより、興味のある出会い系サイトでの婚活イベントに参加してみましょう。最近の婚活では、アウトドア系の出会い系サイトでの婚活イベントはもちろん、変わったものでは滝行や鬼ごっこ、人狼ゲームなど多種多様の出会い系サイトでの婚活イベントが用意されています。様々な企画を楽しみながら、良い相手を見つけることが出来ます。これは出会い系サイトでの婚活中の方におススメなのですが、最初から出会い系サイトでの婚活に割く期間を先に決めておくことだと言えます。その理由は、例え良い出会いがあっても、さらに理想に近い相手を探して次から次へと出会い系サイトでの婚活をと出会いを繰り返し、出会い系サイトでの婚活難民と呼ばれる悪循環に嵌ってしまってしまうからです。こうならないためにも、出会い系サイトでの婚活を始める段階で期間を設定しておくと覚悟を持った出会い系サイトでの婚活が出来ると思います。

若い男性の特徴と嗜好

男の脳は閉じた脳であり、女の脳は聞いた脳であるというような比喩表現が使われることがよくあります。それはいったいどういう意味なのでしょう。閉じた脳というのは、自分だけの閉じた世界をつきつめたい男の脳ですよね。閉じた脳は外から干渉されるのが好きではないのです。他人とコミュニケーションをとることを基本的に面倒に感じてしますのですよね。そしていつも他人の輪の中にいるよりも、どちらかといえばひとりでいることのほうを望むわけです。この閉じた脳は、自分だけの小字宙を持っているということなのかもしれません。そこは他人からは全く分からない自分だけが理解できる居心地のよい世界であり、自分らしさの原点と自分では感じている場所です。その世界を深く追求していくことがたいへん大きな快感に結びつくわけですね。他の人間にその世界を否定されたり侵害されたりするのを怖れていることも多いのです。外からストレスなどの強い圧力がかかると、自分だけの居心地のいい世界に逃げようとするわけですね。極端な場合になると、外界を遮断して自分の世界にひきこもってしまうことさえあるわけです。特に最近の若い男性に特徴的に見られることかもしれません。そしてそういう男性が女性の中でも熟女と出会いたいという傾向があったりするようです。それは相手に癒しを与えるということではなく、癒しを与えてもらいたいという意識の表れですよね。自分から人間関係を構築していくスキルが弱い男性がこのような傾向にあるようですよ。

女性がイライラしているとき

PMSになる期間や度合いというのは人によって違うと言われています。排卵したらすぐPMSが始まる人もいるようですしね。生理が始まるとPMSは治まるけれど次に生理痛が始まって、月の半分以上もイライラしていることになってしまうこともあるようです。そうなってしまうと自己嫌悪に陥って、さらには精神が不安定になってというような悪循環に陥ってしまうわけですね。そのようなことからも女性は本当にホルモンに左右される存在だということが分かりますよね。これが男性には全く理解できないわけです。男性ホルモンには分泌の周期はありません。だいたい常に一定の分泌量です。女性の場合は、エストロジェンとプロジェステロンの分泌が周期的に増減していて、それが体と心に複雑に影響しているわけですね。これを経験できない男性にとってはなかなか理解できないことなのかもしれませんね。妻や彼女がPMSでイライラしているときのいちばんの対処法は、嵐がおさまるまで待ち続けるということなのかもしれません。何か言われても「はいはい、そうだね」などと言って同調して済ますのがよいのかもしれませんね。

女性の心に喜びと満足感があふれるように

多くの男性がたびたび女性と衝突することがありますよね。だが、喧嘩になってやり込められるのは目に見えているわけです。過去に怒らせたことをすぐにすっかり忘れてします男性の脳、しっかりいつまでも記憶に刻み込まれている女性の脳。この差は歴然としています。この記憶が総動員されて、あの時も、そしてまた今も、などということになるわけですね。どうあがいても女には勝てないのですね。男がしばしば力に頼るという悲しい現実がそのことを証明してしまっています。もし関係を修復しようとする気があるなら、女脳に快感を蓄積させなければなりません。新しい記憶で過去を消し去る、つまり二人で楽しい記憶を増やすということをしなければなりません。
Read the rest of this entry »

女性の本音を見抜く

女性がハンドバッグを両手で抱えている姿は防御の姿勢の気持ちが強いと言われたりもします。腕の位置や動かし方で相手の心理状態はかなり正確に推測できるとは心理学者がよく言う事でもあります。両手をこすり合わせていれば、何かを期待しているそうですね。しかし手がゆっくりとした動作、態度であれば何かをだまそうという気持ちがある可能性も捨てきれません。指を組んで両肘をついていれば、不安や不満を示している可能性も高いようです。また、女性がウソをつくときは手で口を覆ったり、鼻先を指で触ったりすることがあるようです。これはウソをつくとアドレナリンが出て血圧が上がり、鼻も膨らんできて気になるので触ってしまうというというメカニズムであるようです。これこそまさに脳の中の興奮が体の一部に影響している分かりやすい現象と言えるでしょう。あごに手を添えて頭を支えるようなときは、相手の話がつまらないという意思表示である可能性が高いようです。さらには、あごをなでた後に、両腕を組み座っている位置を直すようならこちらに関心はないというサインでしょう。あごを触って体を乗り出すような仕草を見せるなら興味を持ってくれている可能性が高いです。このようなボディーランゲージは大脳皮質の抑制を受けない無意識の動作といえるので女性の本音を見抜くにはもってこいなんですよね。

自立と出会いの関係

親の言葉に縛られ続ける子供というのはいつの時代も存在します。特に母親の言葉に縛られる娘ですよね。簡単に母親の言葉にしたがっても、幸せが来ないどころか、将来母親自身が嘆く原因になるかもしれません。大変なことがいろいろあったのに、娘を大切に守り育ててくれた母親というのは本当に尊い存在ですよね。そんな母親を切り捨てられない、母親は、一人前になった自分が守らなければといった使命感を持っている娘も多いようです。もちろんお母さんは大切にしなければならないわけですが、しかし母親を大切にし、ときには援助をするということと、娘の自立は別問題ですよね。母親は大切にする。同時に娘は自立を果たす。この両立ができなければ立ちゆかなくなってしまいます。母親を守るために、娘の人生を犠牲にしてはいけませんからね。母親のために、娘の人生設計の問題を先送りにしたり、不安定なままにしてはいけませんよね。そのときはよくても、結局はあとで娘が困ることになりますし、それは母親も望まないことですから。刹那的な言葉に振り回され、迷走してはいけませんよね。そして自らが自立して素敵なパートナーと出会い、幸せな家庭を築く、それが一番大切なことですよね。

素敵な出会いや結婚へのきっかけ

ビジネススキルを応用したコミュ二ケーションなら、気が重くなるようなシチュエーションでも、うまくその場を乗り切ることができると思います。例えば母と娘の難しい関係にはこのようなやり方をすればよいわけです。「よかったね、お母さんはお父さんと出会うことができて。どんな出会いのきっかけだったの?」早く男性と出会いを見つけて結婚しなさい、というような言葉に対する切り返しとして、話を聞いてみるというのは有効な方法だと思います。前提として母親は娘を大切に思い、幸せになってほしいと願っているのは間違いのない事でしょう。それなのに娘から、「ちっともわかってくれない」「自分の意見ばかり押しつけてくる」と反発されるのは、母としても気持ちのいいものではないでしょう。早い結婚が幸せだという価値観を持っている母親は、いつまでも独身でいる娘を責め立ててしまいます。悪い男にだまされるのを心配する母親は、娘の出会いや交友関係に目を光らせることになります。母親自身が父親との出会いや結婚生活に満足しているのかいないのか。男性というものを、どうとらえているのか。話し合ってみるのは大切なことなのかもしれません。もしかしたら大いなるヒントを得られて、素敵な出会いや結婚へのきっかけになるような考えが得られるかもしれません。

最も達成しにくいもの

幸せについて考えるということは、あらゆる試みのなかで、一見つつましい目標に思えるが、最も達成しにくいものでありますよね。幸せでいるためには、他の幸せな人々と親しい関係になる必要がある。したがって、幸せな人々が少なければ、私たちが幸せになる可能性も低くなる。この世は、幸せな人と親しくなれない、孤独で、欲求不満で、怒りっぽく、不幸な人々で満ちている。彼らの主たる社会技術は、文句を言うこと、責めること、他人を批判することであって、それは誰ともうまくやっていけない方法ですよね。不幸は人を二つの方向に導くということです。最初の不幸なグループは幸せを手にする方法を見つけようとする。これは幸福な人との快適な関係である。第二の不幸なグループは、幸せな人と関わって幸福になれることをあきらめている。
Read the rest of this entry »

人間関係を育むよりも、破壊するような世界

親しい関係が失われると、子供たちのなかには人間関係をあきらめ、やがて快楽を求めて一生刹那的な生活に突き進む者もいる。必要な良い人間関係を維持するために、私たちは強制、無理強いをやめ、さらに、罰、報奨、あやつる、いばる、動機づける、批判する、責める、文句を言う、ガミガミ言う、うるさく言う、叱りつける、比較する、そして引きこもることをやめる選択をしなければならない。このような破壊的な行動ではなく、むしろ思いやりを示し、傾聴し、支持し、交渉し、励まし、愛し、友だちになり、信頼し、受容し、歓迎し、尊敬しなければならない。このような言葉が、外的コントロール心理学と選択理論の違いを示しているのですね。辞書で上記の言葉を調べてみると、選択理論の用語よりも外的コントロールの用語が多いんですよね。言語は文化の銑であるので、私たちは人間関係を育むよりも、破壊するような世界に生きていることを示す立派な証拠を見た思いがするのです。
Read the rest of this entry »